Make your own free website on Tripod.com

購入編


昨年の5月に145の中古車の試乗を終えてお店に戻って来た 所、下取り査定中のTipoを発見。ざっと見た感じでは年式相応 (92年式)の外観のヤレは有るものの、機械的なコンディション は良さそうなので、担当者に試乗を申し込む。 一週間後に再度来店し試乗をする。その時に気になった点は、

以上の点以外はさしたる不満点は無かったので購入を決意。 お店に戻って早速交渉開始。車両価格は78万円(整備費込み) との事。こちらからクラッチのOHをお願いして、諸費用等を加算 して計108万9730円の支払いとなる。


買ってから現在までの印象


購入の契約を取り交わしてから約2ヶ月後の7月のある日、 赤のTipoは私の手元に来ました。 納車に時間がかかったのは整備中にウォーターポンプの水 漏れが見つかり、部品の手配に時間がかかった為です。 さて、手許に来てから今日までの印象をここで挙げておきます。


赤なのに朱色っぽく見える(泣)。買って最初の洗車の際に水垢 落しを使ったら大分マシにはなったが、使ったスポンジ4つ全てが 真っ赤になった。(^_^;

シートは高い着座位置以外はさしたる不満は無し。しかし中古Ti poの内装の最大の問題点であるダッシュボードを中心にしたプラ スチックが溶ける症状は私のも該当している。対策は無し(泣)。

Tipo16Vの売りの一つであるエンジンであるが、馬力は大した事 は無いが、低いギア比のトランスミッションとの組み合わせで体感 速度は速い。また音もイイので(マフラーがANSAに変更されている) 意味もなくエンジンを回したくなる(^^)。 エンジンマウントが劣化している為もあってか、渋滞 ではスナッチが出やすい。

目下最大の悩み。
ショックは完全に抜けており、とてもお山の道を気合入れて攻めるこ とができない。ブッシュもヤバそう(^^;。 とりあえずザックスのショックを手配したが、コニにすれば良かったか なあ? ブレーキはよく効く。


以下続く…


投稿ファイルTOPへ