Make your own free website on Tripod.com







 

 


フォトショップのアンドゥーな世界

               
◇最初に◇
さいきんはパソコンの画像処理ツールの普及で、誰でも簡単に写真を加工したり絵を描いたりできるようになってきました。でも逆にそれは「その人の写真、絵」という大事な個性を進んで放棄することも含んでいたりします。経験は一回きりという現実が、パソ上では何度でもやり直しがきくことになってしまい、いちばん肝心な技術の習得はぜんぶ後回しになってる感じがします。

あ、前置きが長すぎますね............

インク処理

簡単なエンピツ画にパステルで軽く塗っただけの絵が、フォトショップの「ペン画処理」一回きりで、なんかすごい時間をかけた力作のようなニュアンスに変貌した例(笑)
なんかこれじゃわざわざ時間をかけて絵を描くのが馬鹿らしくなってきますね(;_;)


色えんぴつ化

色紙に描いた水彩画が、フォトショップの色エンピツフィルタで変貌した例。
これはただ訳が分かんなくなっただけですが(笑)


水彩化

これはデドラのペインター&フォトショップ画を水彩化フィルターにかけ、テクスチャライザで画用紙に描いたように見せかけた例(^^;
時間をかけたように見せかけた雰囲気がとても白々しいですが、これは2分くらいで変換できます(笑) 別に自分で描いた絵じゃなくても(わざわざこんな苦労を無にするようなことする人はいないでしょうが)写真に同様の処理を加えれば、同じような絵面になってしまいます。あー恐ろしい.........


ディーノクーペ

これは、ただ描いただけのディーノクーペです。

でも最近、そういう技術があるなら、それを積極的に利用してより良い作品が出来ればそれはそれでいいじゃないか、という気もして来ました。特に3D化などでは、眼をみはるようなものも少なくないワケですし(ゲームのオープニングで明らかですね)でもそうなるとパソコンがどれだけ速く動作してくれるかが勝負になって来ますけどねー。

まー古い作法にも飽き飽きする時もあるわけだし、てきとーに楽しんでいければいいかなって気もするんですけどね<どっち?